子育てをしながら治験コーディネーターはできる?

女性に嬉しい治験コーディネーターの勤務環境

子育てをしながら治験コーディネーターはできる?

看護師や薬剤師の転職先として近年人気の高まる[治験コーディネーター][CRC]のお仕事では、現場で活躍する方の多くが30代前後の女性であると言われています。つまり、結婚や出産、育児など、皆さん様々な事情を抱えながら働かれているというわけですね。

そんな中には、家事や育児との両立に悩み「どうしてもフルタイムでの勤務をすることが出来ない!」 といった事情をお持ちの[治験コーディネーター]の存在も珍しくはありません。

とはいえ、[治験コーディネーター][CRC]のお仕事も決して簡単とは言えないでしょう。治験の現場では被験者となる患者さんのケア・フォロー、スケジュール調整、また業務の補助など、[治験コーディネーター]は様々な業務を抱えているのです。

業務を優先すれば家庭が疎かになるでしょうし、家庭を優先すれば仕事に手が回りません。あちらを立てればこちらが立たずな状況で、はたして両立が叶うのでしょうか?

確かに、プライベートと[治験コーディネーター]の仕事との両立を目指した転職をする場合、フットワークの軽い独身の方と比較すればグッと数は少なくなってしまうでしょう。[治験コーディネーター]という職業自体が、家庭との両立に向いているとは言い難いのです。

ですが、数は少ないながらもゼロではありません。職場の環境や待遇次第では実際に両立を叶えている[治験コーディネーター]も存在している事も確かなのです。

“転職支援サイト”では、このような事情も考慮した求人選びもサポートしてくれます。コンサルタントとの面談で、あらかじめ「子育て中である事」、「その上でキャリアを積みたい」という事を伝え、綿密な相談の上で無理のない転職を叶えて下さい。

あなたの無理は、時に家庭や職場へ影響を与えてしまう事を理解しておく事も必要です。 状況に寄って、「転職しない・就職しない」という選択がベストであるケースもあるかもしれません。 落ち着き次第復帰する事もできますので、無理をせずチャンスを待ちましょう。