薬剤師に求められる能力

条件のいい職場が薬剤師に求める能力とは?

薬剤師に求められる能力

薬剤師は転職や就職において大変便利な資格ではありますが、条件が良い職場では当然競争率が高くなります。ただ薬剤師の資格を持っているというだけでは採用してもらえない場合もあるので、薬剤師に求められている能力についても考えてみましょう。

まず、薬剤師に欠かせない能力として挙げられるのが、コミュニケーション能力です。人とうまく話すことができないという人の場合、競争率が高い職場で採用してもらうことは難しくなってしまうかもしれません。

薬剤師は薬だけでなく、患者さんとも向き合う必要がある職業です。その中で、患者さんとコミュニケーションを取る能力は必要不可欠だと言えるでしょう。悩みを聞いたり質問をされることもありますが、その時にうまく話すことができないと、患者さんも質問をしにくくなったり、疑問を残したままで帰ることになってしまいます。

薬剤師は仲間と協力しながら仕事をしていくことも多いわけなので、コミュニケーション能力に自信がない人は人とうまく会話したり、付き合うことができるように考えてみましょう。

次に、薬剤師の現場では常に向上心がある人が求められています。薬は日々新しいものが研究されて開発されているため、最新の知識を持っている必要がありますよね。勉強をする気があまりない人だと、新しい薬の知識を十分に持っておらず患者さんにも説明をすることができません。

面接の際には、今後薬剤師としてどのように活躍していきたいと思っているのか聞かれることもあるので、そこで向上心をアピールできるように日頃から勉強に力を入れておきましょう。

それから、教育能力が求められる現場もあります。薬剤師の数が足りていなかったり、新人が入ってくることが多い職場では、その新人を育てる能力があるかどうかが採用の基準になることもあります。経験豊富な薬剤師は、そういった意味でも採用されやすいと言えるでしょう。薬剤師になったばかりの人は、コミュニケーション能力と、向上心を面接の際にアピールしていくことが大切です。