薬剤師パートの昇給について

薬剤師は昇給が期待できるのか?

薬剤師パートの昇給について



薬剤師は高収入が期待できる仕事として知られていますが、昇給が期待できるかどうかというのは、選択する職場によって異なります。薬剤師の昇給を望むのであれば、経験や知識を増やしていくことが大切だと言えるでしょう。今と同じ知識量、経験のままで昇給をしてもらうというのは難しい話です。
http://www.meisterjaeger.org/

例えば、キャリアアップ、スキルアップを目指すというのもいいですね。向上心がある人は高く評価される世界でもあるので、仕事に役立つ資格を取得すれば、昇給は難しくないでしょう。

ただ、ドラッグストアは初任給こそ高いもののなかなか昇給しないとして知られています。ドラッグストアに限った話ではありませんが、長く働いているだけでは昇給が期待できない場合もあるので、その場合は転職をするという方法がおすすめです。

できるだけ確実な方法で昇給を目指すのであれば、転職情報サイトなどを活用し、今より条件がいいところに転職をしたほうがいいです。それまでの経験や、薬剤師以外の資格を高く評価してくれる職場であれば、転職をするだけで大幅な給料アップが見込めます。

もちろん、条件がいい職場に採用してもらうためには求められる能力が高くなったり、労働条件が過酷になる場合もあるので、給与を取るのか生活を取るのかよく考えたうえで転職活動をするようにしましょう。

給与条件がいい職場に転職をしたものの、あまりにも忙しすぎて休みも取れず、結局長続きしなかったという人もいるようです。転職情報サイトなどを活用すれば職場の雰囲気や休日の状況を知ったうえで転職活動ができるので、より自分に合った職場を見つけやすくなるでしょう。

20代の薬剤師だけでなく、30代、40代といった薬剤師が多く活躍している職場は、定職率が高く、働きやすい職場である可能性が高いです。自分に合った職場選びに迷ってしまった場合、働きやすい職場なのかどうかを判断するためには定職率についてもチェックしてみてはどうでしょうか。

薬剤師の地方勤務について

様々な職業で言えることですが、人が少なくなる地方では求人数が減る傾向にありますよね。 ですが、薬剤師の場合は必ずしもそうとはいえません。 栄えている地域よりも地方の方が求人数が多い場合もあるのです。

もし、調剤薬局やドラッグストアで働きたいけれど、なかなか良い求人が見つからないという場合は、地方求人もチェックしてみてはどうでしょうか。

企業関係の求人は都市部のほうが多いのですが、調剤薬局とドラッグストアの求人は地域求人のほうが見つけやすいです。

ですが、いくら地方で求人を見つけることができたとしても、給料が安かったりしたらなかなか踏み切ることができませんよね。 地方で働くとなると、どうしても給料が安いのではないかと心配してしまう人もいるはずです。

しかし、実は地方のほうが都市部よりも好条件の求人が集まっています。 なぜかというと、ここには薬剤師不足の問題が関係しているんです。

人が少ない地域だからこそ、薬剤師の求人を出したとしても応募をしてくる人が少ないわけですよね。 そこで条件が悪い求人情報を出したとしても、誰も応募をしてくれません。

そういった背景があり、地方の薬剤師求人の中には、都市部では考えられないような好条件のものが多々あります。 給与だけでなく、福利厚生や各種手当も充実しているものが多いので、そういったものも含めてチェックしてみてはどうでしょうか。

しかも地方の薬剤師求人の中には、未経験の薬剤師でも都市部のベテラン薬剤師と似たような条件で雇ってもらえるところがたくさんあります。 できるだけ簡単に年収をアップさせたいと思っている場合にも地方への就職がおすすめなんです。

もちろん、都市部に比べると地方は店が少ないなどの問題はあるかもしれません。 暮らしやすさと好条件の就職のどちらを取るか考えてみるといいですね。

ただ、地方の求人を探す際にはハローワークではなく転職支援サイトを使ったほうがいいです。 全国的な求人を取り扱っている転職支援サイトであれば、きっと理想的な地方求人を見つけることができるでしょう。

準社員の薬剤師という働き方

薬剤師という仕事は、正社員以外にも人気の働き方があります。 中でも注目したいのが、準社員という働き方です。

ただ、正社員と準社員の違いが良くわからないという人もいるのではないでしょうか。 どういった点が違うのかというと、まずは勤務時間の違いが挙げられます。

一般的に正社員として働く場合、週5日勤務が基本ですよね。 働く時間は、休憩時間を除いて1日7時間というところが多いでしょう。

それとは違い、準社員は働く日数だけでなく時間も選択することができます。 子育てなどの関係で、どうしても1日7時間働くことは難しいけれど、5時間ならば働けるという人もいますよね。 準社員であれば、そういった働き方も可能となるのです。

この場合、気になるのが給料です。 一般的に、準社員は時給という形で給料が支払われるのですが、これは、週の労働時間が30時間までの場合となります。

週に30時間以上働く場合は月給制という形に変わるので、自分が準社員として働くとして週に何時間働けるのか考えてみましょう。

準社員というと社会保険に入れないのではないかと思ってしまうかもしれませんが、正社員の3/4以上の労働時間・労働日数となれば、加入することができます。

派遣との違いは、雇用期間に上限がないということです。 そのため、仕事に慣れてきたころに契約期間が切れてしまったという心配もないのです。

あとは、働きたい職場があるけれど、正社員として働いた場合は転勤があるという職場もありますよね。 準社員であれば転勤の対象とならないので、正社員と同じ仕事をしながらも転勤をせずに働くことができます。

また、職場によっては準社員でも賞与が用意されている場合があったり、準社員から正社員への登用があったりと、メリットは非常に大きいです。

もちろん、全ての職場で準社員という働き方を用意しているわけではないのですが、ドラッグストアは準社員を募集していることが多いため、求人情報をチェックしてみてはどうでしょうか。